So-net無料ブログ作成

官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)

 民主党政治改革推進本部は19日、国会内で役員会を開き、官僚答弁の禁止を柱とする国会審議活性化関連法案を、平成21年度第2次補正予算成立後に国会へ提出する方針を確認した。会合には小沢一郎幹事長も出席し、「しっかり頑張ってこの法案を成立させよう」と指示した。

 このほか、副大臣、政務官の定数を増やすための、内閣府設置法と国家行政組織法の改正案なども提出する予定。野党にも同調を呼びかけ、衆参両院の議会制度協議会での合意を目指す。

【関連記事】
鳩山首相、疲れて泣き言!?「トイレにとじこもりたい」
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から
官僚答弁禁止の国会法改正案、社民党が一転了承
永田町改造 小沢氏の「独断専行」には踊らず
共産党 民主とは「是々非々」 自民には攻勢

痴漢で起訴の愛知県職員に無罪…繊維鑑定シロ(読売新聞)
使用済みインプラント、別人に使い回しの疑い(読売新聞)
「被害受ける人に力を」=水面下の苦労大切に−博識、速い決断、池田・新警視総監(時事通信)
<春の臨時列車>前年比9%減…JR旅客6社(毎日新聞)
参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。