So-net無料ブログ作成
検索選択

元日大生、二審も無期=親子強盗殺人―東京高裁(時事通信)

 東京杉並区で野元富恵さん=当時(86)=親子を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われ、一審で無期懲役とされた元日大生志村裕史被告(25)の控訴審判決が17日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。検察側は一審に続いて死刑を求めていた。
 一審東京地裁は昨年7月、殺害に計画性が乏しく、被告の年齢が若いことなどを挙げ、「改善更生の可能性がないとはいえず、死刑がやむを得ないとまではいえない」として、無期懲役を言い渡した。
 控訴審で検察側は「冷酷非情な犯行で、遺族の処罰感情も厳しい」と指摘。死刑を回避すべき事情はないとして、一審判決の破棄を求めた。 

【関連ニュース
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から自作機関銃まで〜
質店強盗容疑で男逮捕=「宿代なく困る」
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘
日本人カメラマンが強盗被害=初戦取材直後、路上で

敬礼してきた小学生殴打、37歳会社員逮捕 静岡・富士(産経新聞)
<みんなの党>ジャーナリストの吉田氏擁立 参院比例代表(毎日新聞)
サッカーW杯 世界レベルへ一歩、ナニワ魂アピール(産経新聞)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
アイドル時代からの体型維持 蓮舫議員の秘密はバナナ?(J-CASTニュース)

計画的犯行か 現場に大型サバイバルナイフ 横浜の弁護士殺害(産経新聞)

 横浜市中区の法律事務所で2日、弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、現場に落ちていた凶器とみられるサバイバルナイフのような刃物は大型の殺傷能力が高いもので、犯人とみられる男は手袋をしていたことが3日、神奈川県警への取材で分かった。県警では計画的犯行の可能性もあるとみて、現場で目撃された30歳ぐらいの男の行方を追っている。

 前野さんは事務所が受任した離婚調停をめぐるトラブルを抱えていたとの情報もあることから、県警では事務所の受任案件との関連を調べている。

 県警によると、凶器とみられる刃物は事務所内の床に倒れていた前野さんの近くに落ちていた。刃渡りの長いサバイバルナイフのような刃物で、血痕が付着していたという。

 2日午後、外出先から帰ってきた事務所の女性事務員が、刃物を持った男と前野さんがもみ合っているのを発見。女性事務員が警察に通報するため、ビルの外に出た際、ビルの階段を駆け降り、北の方向に走って逃げるのを目撃した。事務員と男は面識はなく、事前のアポイントもなかったという。

 男は30歳ぐらいで身長約170センチ。白と黒のTシャツを重ね着しベージュのズボン姿で、黒いリュックサックを背負っていた。体格は細めという。

 関係者によると、前野弁護士が所属する「横浜みらい法律事務所」は主に民事事件を扱っているという。

同事務所は所長の影山秀人弁護士と前野弁護士の2人が所属。影山弁護士はオウム真理教信者に殺害された坂本堤弁護士と親しく、「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」事務局長を務めている。

【関連記事】
盗難バイクで事故、ノーヘル中学生2人が重傷 三重
職質の警察官に車ぶつけ重傷、高1少女らも逮捕 強殺未遂容疑
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯
警官また児童買春 容疑の交機隊員を近く立件へ 神奈川県警
「赤報隊事件を忘れたか」朝日新聞を脅迫した医師逮捕
「はやぶさ」帰還へ

「退陣は私の不徳のいたすところ」官房長官、総辞職に反省の弁(産経新聞)
「普天間どうなる? 」「無責任」=県民に驚き、厳しい声―沖縄(時事通信)
「4日にやる」組閣、なぜ8日に先送り?(読売新聞)
鳩山首相、頬ゆるませ親指立て 「続投ですか」に首相余裕(産経新聞)
粘り腰の首相、米大統領の「感謝する」自信に(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。